新主将挨拶

お世話になっております。

前主将からバトンを引き継ぎました3回生の山本勇雅です。今年度の西医体が中止となり、このタイミングで役職を引き継ぐことになりましたので、ご挨拶申し上げます。


まず、現在のヨット部の活動状況を報告させていただきます。ヨット部は、新型コロナウイルスの影響により、3月から活動自粛しております。対面での新歓は9月以降に行うことが確定していて、練習再開は早くて7月以降となっています。活動再開が決まり次第、ご報告させていただきます。

新体制は、

主将 山本勇雅

副将/会計  平川響子

主務 三木花菜子

OBOG担当 桑畑拓海

学連     西利弥

広報    中嶋夏菜

です。部員は、上記の6人で全員で、470級4名、スナイプ級2名です。

主将を引き継いだと先ほど申し上げましたが、まだ実感が湧いていないのが正直なところです。自分は、先頭を走って引っ張っていくタイプではなく、これまで先頭を真似たり、時には先頭を走らせたりしてきたタイプでした。でも、そんな自分の性格を良く知ってくれてる、同級生、後輩の力を借りつつ、1年間走り抜こうと思います。


新型コロナウイルスの影響で半年ほどヨットというものから離れ、色々なことをしてみましたがやっぱりヨットに乗りたい気持ちはずっと持ち続けていて、ようやく再開時期不透明の状況から、7月から始められるかもという状況になったことを嬉しく思います。いざ、練習再開すると前幹部3人の偉大さを再認識するかもしれません。でも3人なら毎日ハーバーに顔を出してくれると信じているのであまり心配はしていません。という冗談はさておき、深刻な部員不足も事実です。

先ほど申し上げましたが、

470級4名(4回生2人 3回生1人 2回生1人)

スナイプ級2名(3回生2人)

の6名が全部員です。6名だと両クラス合わせて1艇しか出せず、ほとんど練習できないため、新入生の確保が最優先にしなければならない事項であると考えています。新歓が台風の時期と被ったり、向かい風が吹いていることは間違い無いですが、これもクローズの練習と考えて、部員全員で頑張っていきたいと思います。


最後になりましたが、日頃から応援してくださっているOBOGの皆様、本当にありがとうございます。皆様の協力なくして、私たちの活動は継続することができません。部員一同、感謝の気持ちを持ちながら、活動していきたいと思います。

拙い私ですが、1年間どうぞよろしくお願いします。

0回の閲覧