基礎基礎基礎の基礎

こんばんは。3回生470リーダー&会計&学連の長野です。

新体制発足して半月少し。あまり吹かない週末続きでしたが先週の土曜日はまあまあ吹いてくれました。

西医体が終わり、自分はスキッパーとなった訳ですが、10月はまず「正しい角度できちんと走る」を自分個人の最重要目標として練習をしてきました。とはいえ、まだまだ全然だめです。クローズでは、特にセミトラくらいの風域で風が落ちてアンヒールしたときに上りすぎたと思って思わずおりてしまったり、オーバーコンディションでコントロールロープを引くときにティラーがぶれたり、シンプルにティラーを動かしすぎていたり。。。ダウンウィンドではもう少しおろせる、もう少し上った方がいいなど、まだまだVMGを感じ切れていません。特に風が変わったとき。

10月中の目標達成はなかなか難しそうですが・・・感じたこともありました。日曜日の午後、風の強弱のある海面だったので、「ヒールトリムが必要な時はティラーではなくまずクルーを動かす」ことを意識してクルーにぐいぐいヒールトリムについて注文してみたところ、少しは改善したような気がします。

課題が山積みではありますが、一つ一つ意識をしながら、よくなっているという実感を持ちながら練習ができることが大切ですね。

現時点では正直なところスキッパー、クルー、そのコンビネーションと、基本動作がまだまだ満足にできていません。動作というのは基本中の基本であり、美しい動作を、息をするようにできるようになるまで極めるのが理想だと思います。基礎ができているからこそマーク回航練習やスタート練習、その他の練習にも意義が出てくる。基礎基礎基礎をしっかり固めていきましょう。


練習に来てくださった藤井さん、佐保さん、佃さんありがとうございました。

これからもよろしくおねがいしますm(__)m


余談というか最後にひとつ、練習についての僕の今の考え方について。もしよければ部員のみんなも読んでくれるとうれしいです。(ご意見ご感想歓迎)

「うまくなる」というのには2種類あるのではないだろうか?

●できないことができるようになるという上達

●できることの成功確率が上がるという上達

前者は例えば「サイドジャイブでスピンポールを一瞬で突き出せるようになった」

後者は例えば「前までは3回に1回ぐらいジャイブでスピンをつぶしてしまっていたけど、今はもうほとんどつぶさずにできるようになった」

とかかな?

そこで、どちらを重視する?という話ですが、どちらも重視しなきゃねという訳で。

新しいことができるようになったからといってそれと引き替えに今までできてたことの成功率が下がっちゃ意味がない(例えばポールを早く突き出すことに集中しすぎてスピンが回ってないことが増えた)。

動作の成功率が上がっても、動作全体としての完成度が60%ぐらいならそんなに意味がない(5回中4回はスピンをつぶさずジャイブできるけど、毎回ちょっと上りがち)。むしろ変な癖になっちゃったり。

要するに、練習をするということには2種類の「うまくなる」意味があるとおもいます。案外できないことには目を向けられていても、できるはずのことの成功率が意外と低いことに気づけてないことってあるんじゃないかなと思います。例えばタックとかどうだろう?満足いくタックができる率って意外と高くないような・・・

タック、ジャイブの動作だけじゃなく、例えばクルーなら上マークのアプローチ、ベアのアンヒール、スピンダウンなどは比較的成功率を意識しやすいし、改善もしやすいかもしれないね。そういう部分からまずは一歩ずつ。

是非両方の「うまくなる」を意識してやってみよう!


最後まで読んでもらい、ありがとうございました!

84回の閲覧2件のコメント

最新記事

すべて表示

新主将挨拶

いつも神戸大学医学部ヨット部の活動にご理解ご協力をいただき、ありがとうございます。この度新しく主将となりました、4回生の桑畑です。西医体中止の正式な発表がありましたので、これをもって代交代とし、以下のメンバーで今後活動してまいります。 主将 桑畑拓海 副将/会計 三木花菜子 470スナイプリーダー 山本勇雅 スナイプリーダー 西利弥 OB担当 中嶋夏菜 主務 桃原章 学連 泉拓夢 広報 坂本昂史

前主将挨拶

いつもお世話になっております。 今年度主将を務めさせていただきました山本勇雅です。 以前お知らせしました通り、今年度の西医体は中止となりました。来年度の西医体に向けてこのタイミングで私たちの代は引退し、次の学年に幹部を交代したいと思います。 この1年間、新歓コンパや追いコン等が出来ず、OB・OGの皆様と私たち現役がお会い出来る機会が1度も無かったことを誠に残念に思います。この状況が落ち着き、開催で

スキ練始めました

新3回生になります中嶋夏菜です。四月からスキッパーの練習を始めました。今は少しずつ慣れてきてティラーを持つ力が抜けてきたかな、というくらいです。 スキッパーは自ら船を動かしていることを感じられて、緊張はするものの楽しいです!! 10日、11日は中風域での動作練、スタ練、マーク練を行いました。スキッパーとしてスタ練、マーク練は初めてで、とても難しかったです。特にスタ練の距離感覚はつかむのにだいぶ時間